女性小説家のまとめ集

女性小説家のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

川上弘美Kawakami Hiromi 10364

川上弘美 - 川上弘美

川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。

幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とする。作品のおりなす世界観は「空気感」と呼ばれ、内田百閒の影響を受けた独特のものである。その他の主な作品に『溺レる』、『センセイの鞄』、『真鶴』など。

俳人でもあり、小澤實主宰の『澤』に投句しているほか、長嶋有らとともに句誌『恒信風』で句作活動をしている。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・川上弘美のまとめ集

川上弘美のブログ

2週前
館内すべてお雛さま。
二月某日 晴  急用で、人と待ち合わせ。  突然決まった用事なので、待ち合わせの駅だけ決め、おそらく遅れてくるだろう片方を、もう片方が駅近くの..
1ヶ月前
オーラの噴出。
一月某日 曇  新年会。  初対面の女性が二人。  一人は、「䯨」さん。読み方は、「あおい」さん、とのこと。 ..
2ヶ月前
きらめきとときめき。
十二月某日 曇  編集者と忘年会。  一次会で、おとなしく解散。  駅までたどりついて電車を降り、深夜まであいている近所のス..
3ヶ月前
お願いする。
十一月某日 曇  寿司好きの友だちから、電話。 「今年は寿司屋に赤貝が出ないのよ」  とのこと。友だちによると、赤貝は夏が終..
4ヶ月前
チャーリイとの日々。
十月某日 晴  夏はとっくに終わっているというのに、なんとなくまだ夏の気配が残っている。  こういう時には、なぜだかわからないけれど、『アルジ..
5ヶ月前
リスボンの夜。
九月某日 晴  リスボンにいる。  生まれてはじめてのリスボンである。  昨日までは、仕事でパリにいた。仕事が終わってからリ..
6ヶ月前
おそるべき真実。
八月某日 晴  突然なのだけれど、ときどき通る道ぞいに、 「シュモクザメ」  というスナックがあって、ずっと気になっている。..

川上弘美の関連動画

2019/01/23
朗読 川上弘美「ゆっくりさよならをとなえる」
2018/10/24
あの小説をたべたい 「特別(スペシャル)」を食べる 川上弘美『センセイの鞄』
2018/05/21
読み深めカードバトル 立ってくる春 川上弘美 主体的で対話的な深い学び 立命館守山 犬飼龍馬
2018/04/26
予習の仕方 読み深めカードバトル 立ってくる春 川上弘美 主体的で対話的な深い学び
2018/02/26
朗読ピアノ「富士山 川上弘美」Ocaco

川上弘美のQ&A

3ヶ月前
向田邦子さんの作品と似ている作家さんを教えていただきたいです!! 補足 向田邦子さんの作風...
向田邦子さんの作品と似ている作家さんを教えていただきたいです!! 補足 向田邦子さんの作風は、日常的なことを面白く書くような作風だと思うのですが……
3年前
美しい言葉が綴られた小説
心が騒めき、眠れなくった夜に安らぎや安心感を抱かせる、そんな小説を教えてください 小説以外にも自分の要望に合う作品がありましたら 紹介してください 心のこもった回答をベスト...
5年前
芥川賞か直木賞のおすすめ作(ほかの文学賞でもよい)
日本語を勉強中の中国人です。 芥川賞か直木賞のおすすめの受賞作を教えていただけないでしょうか。 読んでみたいと思います。 この二つは一番有名なので、これだけ挙げさせていただき...
7年前
川上弘美の作品で一冊お勧めください
日本語を勉強中の中国人です。 川上弘美の作品で一冊お勧めいただけないでしょうか。 「センセイの鞄」の中国語版を読んだことがあります。翻訳版を読む限り、好きな言葉遣いです。 原...
7年前
川上弘美著『センセイの鞄』に関しての質問です。
川上弘美著『センセイの鞄』の中に出てくる「居酒屋」や「おつまみ」に関しての表現をまとめた本が存在するそうなんですが、誰が書いた何という題名の本なのかご存知の方いらっしゃい...
8年前
ゆるふわな不倫の本
こんにちは。 タイトルのとおりですが、ゆるふわ〜な感じの漂う不倫の本を探しています。 たとえば、川上弘美の『風花』のように、基本ゆるく、時折、生に対する強いまなざしが見られ...
9年前
かなり、うろ覚えなのですが、ある不思議な古物品店を中心に、一話完結でお
かなり、うろ覚えなのですが、ある不思議な古物品店を中心に、一話完結でお客さんのお話がいくつか、短編集のようになっているものだったと思います。 その内の一つが、ある日突然お...

女性小説家のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

女性小説家について

まだ情報がありません。

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク