女性小説家のまとめ集

女性小説家のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

綿矢りさWataya Risa 10363

綿矢りさ - 綿矢りさ

綿矢 りさ(わたや りさ、1984年2月1日 - )は、日本の小説家。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・綿矢りさのまとめ集

Twitter (#綿矢りさ)

26分前

@leftright_bun

#勝手にふるえてろ ファンブック購入。実は原作も未読、映画も未見。けれど綿矢りささんの作品は読んだことがあり自分の好みだし伊藤聡さんのツイートでこの作品への情熱や盛り上がりを知っておりつい買ってしまった。全く知らぬ話のファンブック… twitter.com/i/web/status/1…
43分前

@boooooks

「でもいくは好きだからって、そのまま受け入れるなんて無理だ。相手に全部受け入れてほしいなんて、乱暴だ」(勝手にふるえてろ/綿矢りさ)
1時間前

@MeigsPatricia

芥川賞作家の「綿矢りさ」さんの作品です! こちらも女優の、唐田えりかさんが朗読されています。 やはり女優の方は朗読上手。 amzn.to/2CzGdlZ
2時間前

@boooooks

寂しさは、鳴る。(蹴りたい背中/綿矢りさ)
2時間前

@ko10ba

メールがあるのに、手紙なんておかしいかな。でも手紙って、読んでいるとき、会っている気分になりませんか。その人のぬくもりや気配が、字といっしょに紙の上に残っているような。『ひらいて』綿矢りさ
3時間前

@boooooks

私はいままでとは違う愛のかたちを受けとめることはできるのか?(勝手にふるえてろ/綿矢りさ)
4時間前

@boooooks

好きな人と結婚したいけれど、好きすぎる人とは結婚しない方がいい、なんてこともありうるのだろうか。(勝手にふるえてろ/綿矢りさ)

綿矢りさの関連動画

2018/11/21
【朗読】黒ねこ② 綿矢りさ Reading Risa Wataya
2018/11/21
【朗読】黒ねこ ① 綿矢りさ Reading Risa Wataya
2018/05/25
夢を与える  綿矢りさ著 AI朗読
2018/02/22
ゴロウ・デラックス 綿矢りさ 5月26日 160526 2
2018/02/22
ゴロウ・デラックス 綿矢りさ 5月26日 160526 2

綿矢りさのQ&A

1年前
卒論のアンケートにご協力お願いします。
卒論でのアンケートにご協力をお願いしたいです。 (1)あなたの性別は? ・女性 ・男性 (2)ご年齢 ・10代 ・20代 ・30代 ・40代 ・50代 (3) 作家 綿矢りささんをご存知..
2年前
綿矢りさのしくみ」と言う本も読みましたが、その本を書いた人はただ綿矢りさの事が好き...
綿矢りさのしくみ」と言う本も読みましたが、その本を書いた人はただ綿矢りさの事が好きなだけですか? ベタ誉めしている所も目立ちますが。 綿矢りささんは、確かに美人な作家さんで...
3年前
しょうせつかブゥ
こんにちブゥ あさから、芸人が初めて芥川賞をとったって、、、話題になっているブゥ みんなのアイドル子ブたんも、アイドル初の芥川書をねらうブゥ ところで、みなさんが小説を書くな...
5年前
冷めた女の子が主人公の小説
冷めた? ひねくれた女の子が主人公の小説を教えてください。 理想は、 綿矢りさ「蹴りたい背中」「インストール」 奏かなえ「少女」 青山七恵「ひとり日和」 のような内容の小説です。 ...
7年前
若い作家さん(女性)教えて下さい。
若い作家さん(女性)教えて下さい。 女性で、綿矢りさ。 みたいな感じの作家を教えて下さい。 若ければ若いほどいいです。(学生時代に書いた小説でもいいです。) お願いします。
7年前
最近のものでおすすめの純文学を教えて下さい。
ミステリーやホラーを好んで読んでいたのですが、 うっとりするような素敵な文章の本をもっと読みたいと思うようになってきました。 50年以上前に遡れば名作が沢山あるのは知っていま...
8年前
中学生〜大学生くらいが主人公の面白い文庫本の小説を探しています☆
中学生〜大学生くらいが主人公の面白い文庫本の小説を探しています☆ 条件としてはライトノベルではなく日本人作家(宮部みゆき、梨木かほ、東野圭吾などなど)さんが書いたものです。 ...

女性小説家のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

女性小説家について

まだ情報がありません。

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク